ブログ

ここでは、宇津自治会から定期的に現地の情報を提供していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

●宇津自治会ブログ

宇津峡公園 木の名札作成 活動報告

宇津峡公園 木の名札作成 活動報告

2019年4月12日(金)

報告者:谷脇奈那美(デザイン学部4年生)

今回は秋のワークショップで行った、宇津峡公園の木にかける為に子どもたちがそれぞれ作った名札に木の名前を書き込みに行きました。

京北宇津地域にも地域を彩る美しい桜がちょうど見頃になっており、宇津の春を楽しむことができました。

今回も前回と同様、京都精華大学人文学部の板倉豊先生(通称:トトロ先生)に木の講師として同行していただき、宇津峡公園の木の名前を新芽などから探り当て名前を教えていただき、木の名札に書き込んでいく作業を行いました。名札に名前を書き込む中、板倉豊先生からサクラやタンポポの種類などについて実際に草花を見て教えていただき、改めて宇津の豊かな自然に触れ合える良い機会となりました。

今現在、宇津峡公園にある様々な種類の木に子どもたちが自分たちでそれぞれ選んだ木に名札がついています。子どもたちの飾り付けしたデコレーションも一緒に是非一度お楽しみください!

 

あいうえ

4年生最後の合宿 + 木の名札づくりワークショップ 活動報告

京都精華大学京北宇津宝さがし会 活動報告

4年生最後の合宿 + 木の名札づくりワークショップ

2019年2月23日(土)、24日(日)

報告者:兼田凌(人文学部・4年生)

 

  • 2月23日(土)

この日は寒さも緩み、抜けるような青空。随時宇津に到着した学生から夕飯準備、資料整理、学まちコラボプレゼン資料作り、翌日のワークショップ準備の4班にわかれて作業をしました。

夕飯では地域のいっぷく家宇津朝市チームから仕入れた野菜を用いた鍋を楽しみ、食後は追いコンがはじまりました。みんなでたこ焼きを食べながら、深夜まで楽しい時間を過ごしました。

翌日のワークショップのために板にやすりをかけている様子1551196532976

 

  • 2月24日(日)

この日は9時45分から受付を開始。地域の子どもたちがつぎつぎと宇津ふれあい会館に集合し、元気に挨拶をしてくれました。

秋の子ども写真教室で宇津峡公園の木の解説をしてもらったので、せっかく覚えた名前を使って、宇津峡公園の木に名札を付けようという趣向です。名札にする木は、宇津の方が経営する北山杉卸の会社から、端材を無償でいただきました。それを立体造形コースのメンバーが使える大きさに切り、紐をかける穴をあけるなどの作業を、大学で済ませていました。

前日の夜に学生が丁寧にやすりをかけた木の名札に、子どもたちがビーズやマカロニなどで飾り付けをして、個性あふれる名札が完成しました。名札は、宇津峡公園にて子どもたちが各々選んだ木にかけました。宇津峡公園では、しばらく、子どもたちと大学生が本気の鬼ごっこで遊び、最高に楽しい時間を過ごしました。

木に名札をかけている様子

1551196603098

その後ふれあい会館に戻り、4回生のお別れ会としてビンゴ大会が行われました。ビンゴの景品は卒業する4回生が、今までお世話になった宇津の子どもたちへの恩返しとして2つずつ選んできたもので、その選び方にも4年生の個性が光っていました。ビンゴが完成した子どもたちから順番に、自分が欲しい景品をもらっていきます。どの景品も好評で、ビンゴ大会は最後まで熱気に包まれていました。

ビンゴが終わったあとには、子どもたちから卒業する4回生へのサプライズプレゼントとして、集合写真と寄せ書きをもらいました。子どもたちは名残惜しそうに、何度も「バイバイ」「バイバイ」と手を振って帰っていきました。

その後、4年生は宝さがし会のメンバーが書いた色紙ももらって、この日のイベントは終了しました。

4年生と子どもたち

1551196582217

児童公園遊具塗り直し 活動報告

京北宇津 児童公園遊具塗り直し 活動報告書

作成者,人文学部1回生 大澤奈央

2018年12月9日(日)

 

秋の写真教室の日に子どもたちと一緒に取り組んだ、粟生谷児童公園のペンキの塗り直しですが、その日中に完成しなかったため、改めて学生だけで訪問し、遊具の塗り直しを完成させました。

宇津地域初めての雪が降る、とても寒い作業日となりました。けれども、地元の方が火を起こしてくれたので寒さが和らぎ、とてもありがたかったです。

276902769127692

塗り終えた遊具はこちら!

276942769527696276972769827699

多くの色を使用して、遊ぶのが楽しくなるように仕上げました。お昼に地域の方から頂いたおでんの味は絶品でした。地元の方々の支えによって、皆で楽しく真剣に作業することができました。

たくさんの子どもたちが遊びに来てくれることを心待ちにしています。

27700 27701

2018年大学・地域連携サミット ポスターセッション 活動報告

2018年大学・地域連携サミット ポスターセッション 活動報告

2018年12月2日(日)

 

キャンパスプラザ京都で開催された「大学・地域連携サミット」のポスターセッションに参加しました。持参した北山杉の枝を加工したストラップやイヤリングも人気で、無料配布ということもあって関心をひいていました。

私たちの宇津での活動について多くの人たちにアピールすることもでき、また他の大学の取り組みを知るうえでも、貴重な機会となりました。

154461168799515446116955571544611698421

宇津峡公園 子ども木の教室・写真教室、児童公園遊具塗り直し 活動報告

宇津峡公園 子ども木の教室・写真教室、児童公園遊具塗り直し 活動報告

期間:2018年11月17~18日

報告者:川端真由(人文学部・3年生)

 

 

今回の合宿では粟生谷児童公園の遊具のペンキ塗り直しと、宇津峡公園での木の教室・写真教室を行いました。

17日には翌日のペンキ塗り替えの準備のため、遊具とフェンスに錆止めを塗る作業を行ないました。児童公園の塗り直しについては、「いっぷく家宇津」とのコラボ事業です。16日にはいっぷく家宇津の方々が、遊具にやすりをかけ、錆止め作業も途中まで進めてくださっていました。私たちはその作業を引き継ぎ、児童公園にある滑り台やブランコ、鉄棒や雲梯など全6種の遊具とフェンスを学生スタッフと先生を含めた7人で、休憩を挟みつつ隅から隅まで体勢を変えながら塗り終えました。夜は公民館で翌日の午前中から行われる子ども写真教室「宇津の木を知ろう!」のワークショップの打ち合わせなどをしてその日は終了。

15440920938901544092095237

 

そして18日、宇津ふれあい会館の2階で朝9時半から子ども写真教室に参加する子どもたちとその一部の保護者の方の受付をし、12人の子どもたちと学生スタッフ、お招きした先生方との顔合わせと今回のワークショップについての説明が始まりました。今回の「宇津の木を知ろう!」のワークショップでは京都精華大学デザイン学部の亀村俊二先生(通称:亀ちゃん先生)を写真講師にお迎えし、また同じく京都精華大学人文学部の板倉豊先生(通称:トトロ先生)を木の講師としてお迎えしました。

15440920968021544092098757

保護者の方や先生方の車で自然公園へ向かいました。亀村先生には、自分の撮りたいと思う対象物を撮影する時のコツやポイントを子どもたちに分かりやすく説明していただき、板倉先生には木の名前や特徴を実際に手で触れながら分かりやすく説明していただいたので、子ども達も先生や友達、学生と話しながら楽しく写真を撮っていました。とても賑やかで、子ども達は写真を撮ることに夢中になりながら公園内を走り回り、木の実や落ち葉を拾って遊んでいました。

15440921008301544092102368

午前中の撮影会の後、宇津ふれあい会館へ戻ってみんなで昼食を取りました。その合間に、子どもたちには自分で撮った写真の中からお気に入りの3枚を後の講評会に使うために選んでもらいました。

昼食の後、一部の学生が写真教室の講評会の準備をしている間に、残りの学生スタッフと子ども達、保護者の方と先生方で児童公園へ向かいました。子どもたちにはまずビニールのカッパと軍手を装着してもらい、学生スタッフが事前に考えていたデザインをペンキで塗ってもらう作業を行いました。小学校高学年の子どもたちは、責任感を持ってしっかりきれいに塗ってくれました。低学年、中学年の子どもたちは、まずは遊具で思い切り遊んでから、今度は服や顔を汚すまでペンキを楽しそうに塗り、そのあとは公園で思い思いに走り回って遊びました。みんな様々な方法で楽しみながら、終始賑やかにワークショップが出来ました。

ペンキ塗りはこの日中には完成しなかったため、後日学生だけで完成させに行きます。公園の写真はその完成日の活動報告をお楽しみに。