大学地域連携サミット参加 活動報告

大学地域連携サミット参加 活動報告

報告者:石神裕大(人文学部1年生)

2019年12月1日

 

前日に宇津ふれあい会館と旧宇津保育園でお店屋さんとお化け屋敷を行ったばかりで、当日の朝は小忙しく大学コンソーシアムへ向かうことになりました。

ポスターセッションで各大学の活動団体がそれぞれの活動内容を掲示して、パンフレットも持って来ていたり、ポスターを見ている人にチラシなどを配ったりして、質問に答えている様子に、刺激を受けました。

京北宇津宝さがし会もいくつかの質問を受けました。いくつかの質問の中には、私たちの活動の具体例はもちろんのこと、活動の発端、宇津と関わることになったきっかけなどもありました。 私は1回生と言うこともあり、京北宇津宝さがし会の活動初期を詳しく知らなかったので、この手の質問は一緒に参加していた先輩に任せる形になりました。

今回、このような他大学の活動団体との交流から、改めて京北宇津宝さがし会の紹介に関する資料の作成、配布用パンフレットの案などが見えてきました。

 

image2 image1

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です