宇津夏祭り納涼の集い

京北宇津夏祭り納涼の集いが、今年も8月15日に開催されました。夜店、福引、花火や盆踊りなどなど、夏祭りの楽しさがぎゅっと詰まったような盛大でわくわくする行事です。

 

私たち京都精華大学宝さがし会も、微力ながらこの行事をつくるお手伝いをさせていただきました。

 

まずは前日の準備から。宝探し会が出店する夜店の看板作り、商品の試作、当日の役割分担の確認などをします。看板はそれぞれ見やすく可愛らしくなるように丁寧に。商品の試作もかなり重要で、この日の試作から味を調整したり材料を買い足したりします。当日の役割分担も、ひとりひとりが迷いなく動けるようにしっかりと。いい感じに緊張感が高まります。

12

13

 

納涼の集い当日の8月15日。

今年は生憎の雨模様で、二年ぶりに開催場所が宇津今日公園から宇津小学校の校庭に変更されました。実は前日から天候は芳しくなく中止になるかもしれないという話もあったのですが、そんななかで夏祭りを開催できて花火も打ち上げられて一安心。幸運でした。

当日もまずは準備から。祭り会場に必要な備品を、ふれあい会館から運搬するお手伝いをします。今年は雨が降るということで、大きなブルーシートも運んでそれを屋根として使いました。このブルーシートもなかなかに優秀で、納涼の集い開催中にしっかり雨をガードしてくれていました。福引きの景品も運んでテントも張って机も並べて。

そして備品の設置が粗方終わると屋台の準備も始まります。看板をつけて道具を運んで食材を運んで作り始めて…いよいよ納涼の集いが始まります。

 

宝探し会が今年出店した夜店は4種類。やきそば、わたあめ、きゅうりの一本漬け、ヨーヨー釣りです。

今年のやきそばは濃いめの味付けで、お祭りの定番メニューということもあってか大人気でした。売り切れてしまったので急遽材料を買い足して対応したほどです。わたあめも子どもたちに大人気の定番メニュー。途中、わたあめ機のトラブルでどうなることかと思う場面もありましたがなんとか最後まで作りつづけられました。きゅうりの一本漬けは今年初めての出店です。実はこのきゅうりの一本漬け、なかなか味をしっかり付けるのが難しく試行錯誤したメニューでした。出店自体が初めてということもあって私たちにとって少しドキドキする出店だったのですが、食べてくれた方々がおいしいよと言ってくださって本当に良かったです。ヨーヨー釣りも子どもたちに人気の定番の夜店ですね。夏祭りのヨーヨーは見た目にも涼しげで華やかで音も軽やかで、夏の風情を感じさせてくれます。まんまるい形も可愛らしいです。

15

16

 

もちろん地域の方の夜店もたこ焼きなどの定番メニューから焼きマシュマロや子羊の串焼きなどの珍しいメニューまで、バラエティ豊かな食欲誘う店が並びました。私たちも夜店を運営する合間に思い思いに買って食べさせていただいたのですが、どれもおいしくて幸せな気持ちになりました。おもちゃも当て物もあって、夏祭りの醍醐味を全て網羅したような心踊る夜店の数々でした。

準備から出店まで関わらせていただいて、お客さんとしても楽しんで、私たちにとってもとても充実した時間になりました。

 

体育館の中に設置された舞台でも和太鼓やフラメンコ、宇津の里音頭に福引などなど、屋内でも予定通り演目は目白押しです。特に宇津の里音頭はみんなで円をつくってくるくる回る盆踊りなので、誰でも参加してあの盆踊り特有の不思議な一体感の中に身を置くことができます。これも夏祭りの醍醐味のひとつかもしれませんね。

 

そして今年も最後は打ち上げ花火で締めくくられました。この花火も豪華で、空に散らばる鮮やかな色彩と鈍い音がお祭りの最後に似つかわしく華やかでした。

そして出来るところまで会場の片づけをして納涼の集いは終了です。

 

開催する側として行事に携わらせていただくと、夏祭りを開催するというのも決して容易いことではないのだと実感します。みんなが楽しみにしているこの夏祭り納涼の集いを地域の人たちと一緒に盛り上げるために、私たちも力をあわせ、協力し続けていければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です