京北宇津宝探し会について

 

●団体実施に至る経緯と背景

宇津地域は豊な自然と歴史に恵まれながら過疎化が進む。宇津地域の住民からの「10年前に比べて地域はずいぶんさびしくなった。」「今から10年後にはさらに高齢化・過疎化が進み、町の姿もずいぶん変わってしまうだろう。」という声に耳を傾け、宇津地域の固有の農村の風景・生活スタイル・文化・歴史などに象徴される、地域のアイデンティティや貴重・稀少な文化資源を学び、継承することの意義を痛感した。     宇津自治会との協議の上、今年度は事業の初年次と位置づけ、主として地域の宝(自然、人、技術、伝統、歴史など)さがしによる地域の魅力の再発見と、将来の取り組みに向けた人的交流のための各種イベントを実施することにした。

●団体全体の概要図

宇津宝探し 全体概要図

●団体概要

地域の地図や資料から、地域の情報を収集したうえで、地域のことをよく知る方々に、鮎、北山杉、宇津の宝について講義をしていただき、その内容をまとめた。地域の夏祭りに向けて子どもフラメンコ教室を開き、子ども達と一緒に夏祭りの舞台に出演した。その他、伝統料理である鮎飯の講習会、朝市の見学、地域清掃活動への参加、伝統の唐臼による餅つきなどを通して、地域との交流を行なった。地域紹介地図、ホームページ等、準備中です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です