子どもフェスタ

2022年8月7日(日)

参加者:おえかつ ヨッシー ジョンさん ずーまー みっちゃん ゆーきゃん なしさん あや あおたん ずんだ ほなみん いぶき ハル

報告者:ハル みっちゃん いぶき

●イベント企画について(報告者:ハル)

8月7日、今年の子どもフェスタは一日のみの開催となりました。午前中は川遊びと鮎つかみ、午後はワークショップとクイズ大会と外遊び、夜は夏祭りと花火、途中スイカ割りや外遊びも間に挟んでやりました。子どもフェスタのイベントと夏祭りのイベントが一日のスケジュールに詰まった、てんこ盛りなイベントとなりました。

私は今回が初めての宇津の子どもたちとの交流でしたが、私は子どもたちが遊んでいる裏で作業することが多かったので、裏方の目線で感じたことを少しお伝えしたいと思います。当たり前なことを言うようですが、学生はイベントを段取り通り進められるよう、子どもたちが楽しんでいる裏でも次の準備や片付けなどで動います。私もその一員となって感じたことは、やっぱり準備から片付けまで大変なことは多いですが、子どもたちが楽しんでくれるからこそ頑張れることが、私はすごく嬉しかったです。

 今年は朝から夜まで長い一日でしたが、子どもたちは最後まで全力で楽しんでくれて学生たちの体力が足りないくらいでした。子どもたちが満足げに帰っていく姿を見ると、子どもフェスタができて本当に良かったなと思いました。

●川遊びと鮎つかみ(報告者:ハル)

天気も良く川遊びには最適な日でした。川遊びのリーダーはずーまー、鮎つかみのリーダーはみっちゃんです。

小学校2年生までの小さい子チームと3年生以上の大きい子チームとに分かれ、最初は大きい子チームが川遊び、小さい子チームが鮎つかみをしました。何度かの水分補給の休憩をはさんで、後半は小さい子チームが川遊び、大きい子チームは鮎つかみをしました。

川遊びでは、地域の人たちが作ってくださった発泡スチロールの筏に乗ったり、自分で持ってきたシュノーケルをつけたり、水鉄砲で遊んだりしました。

鮎つかみ用の小さい池は、前日までに地域の方が川の横を重機で少し掘って作ってくださいました。小さい子どもたちは少し苦戦していたけれど、しっかりつかみに行っていました。鮎がそこに見えていても、近づいていくと水が濁って見えなくなってしまい、なかなかつかむことができません。それでも、高学年の子どもたちはバシバシ鮎をつかまえているようでした。

子どもたちが鮎つかみをしている間、私は鮎の串打ちをしていました。串打ちと鮎の塩焼きの指導は、宇津自治会の役員さんを中心に地域の方々が行ってくださいました。

串打ちにはいろいろ方法があるそうですが、私たちが教えてもらったのは、目から串を入れて、背骨を巻くように串を回し入れ、鮎が泳いでいるような形に仕上げるという方法です。串がうまく打てないと、鮎の向きが反対になってしまったりして、焼くときに束ねにくいし、焼き姿もおいしそうに見えません。

河原から運ばれてくる鮎の量で子どもたちの様子が想像できるのですが、高学年の子どもたちの鮎つかみの勢いにはびっくりしました。鮎を運んでくるのが追い付かないくらいでした。

 焼けた鮎は、子どもたちや地域の人たちと一緒に、昼においしくいただきました。

●ちょうちん作りとハンカチ染めのワークショップ(報告者:いぶき)

昼食後は、ビー玉と輪ゴムを使ってハンカチに模様を付け、好みの色に染めるというオリジナルハンカチ作りと、ちょうちんに自分で絵を描くワークショップをしました。ハンカチ作りは、大学生に手伝ってもらいながら自分の好きな模様を各々作っていました。提灯作りも、水彩絵の具を使い、ライトをつけたら綺麗に輝く素敵なものが出来ました。最後に並べられたハンカチと提灯を見て、子供たちもとても嬉しそうにしていました。

●オンラインクイズ大会(報告者:ハル)

京都精華大学クイズサークルのメンバーとオンラインでつなぎ、「オンラインクイズ大会」をしました。クイズサークルのメンバーが作ったオリジナルの〇×クイズ、2択クイズ、3択クイズで、回答の後にはスライドでの解説もありました。中にはとても難しい問題もあり、大学生も一緒に考えました。子どもたちは解説も興味深く聞いてくれました。

●外遊び(報告者:みっちゃん)

クイズ大会が終わった後は、子どもたちと外で遊びました。子どもフェスタも後半に入っていますが、子どもたちはまだまだ元気で溢れています。イブキちゃんがリーダーで、「でましょ」と「トムとジェリー」で楽しみましたが、どちらも頭も体も使う系の遊びで、人によっては少し疲れも見えてきました。サポートしながら一緒に遊んでいたみっちゃんは、「トムとジェリー」が大好きでした。大人だけで、本気のバトルをやるのも面白いと思います!!!

外遊びは、元気の有り余る子どもたちも満足してくれる、良いものになりました。

●ミニ夏祭り(報告者:ハル)

夕食後は、旧宇津保育所でミニ夏祭りを行いました。この夏もコロナの関係で、京北の夏祭りはあちこちが中止になってしまいました。楽しみにしていた夏祭りを少しでも味わってもらえたら、という企画です。昼のワークショップで作ったちょうちんに明かりを灯して飾り、屋台の雰囲気が盛り上がりました。ヨーヨー釣りにスーパーボールすくい、射的に輪投げ、みんな景品やヨーヨーを手にいっぱい持っていました。この時間ぐらいからおうちの人たちも合流し、あちこちで歓声が上がって、笑顔がたくさんあふれる催しになりました。

●花火(報告者:ハル)

一日の最後は花火で締めくくりです。手持ち花火や吹上花火で、子どもたちはおおはしゃぎでした。京北の子どもたちは、それぞれの家が遠いので、夜にみんなで一緒に遊ぶという経験がほとんどないそうです。暗くなるまでお友達と一緒に思い切り遊ぶことができたことも、子どもたちにとって良い思い出になったと思います。最後の最後まで楽しんでくれて本当に良かったです。

●後日談

 何人かのお母さんたちから、「子どもが大満足で帰ってきた」「地域の夏祭りがなくなったので、子どもフェスタで夏祭りを思う存分楽しんでいた」「次の写真教室も楽しみにしている」と連絡をいただきました。

 また秋に会おうね!

2022年9月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

朝市と精華の畑の収穫

参加者:ジョンミョンス、田村さん

報告者:ジョンミョンス

今日は月一に農産物の販売を行う朝市に訪れました。お店の前で検温と消毒をしながら多くの人とささやかな会話を交わしてすごく楽しかったです。

宇津の畑にも行きました。まん丸の加茂なすと万願寺とうがらしも収穫しました。大きくおいしそうに熟して、働き甲斐がある収穫でした。

また、訪れる時にはもっと、野菜が育ったらいいですね。

2022年8月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

畑の草刈り

参加者:田村さん みっちゃん ずーまー ハル

報告者:ハル

 日曜日、午後の日差しが照りつける最中に草刈りをしに宇津の畑に向かいました。私が畑を訪れるのは6月の枝豆の定植作業以来です。畑に着いてみると、作物が植えてあるところも植えていないところも雑草に覆われ一面が緑になっている畑の姿を見て驚きました。行きの車の中で、4人いれば1時間くらいで片付けられるだろうと話していたのでそんな畑の様子を見ても、私はそんなに時間はかからないだろうと気楽に考えていました。完全に農作業素人の考えですね。

 作業は吉田さんの指導のもと草刈機2台と草刈り鎌2本を分担して行いました。私は田村さんと鎌で草を刈っていたのですが、鎌の扱いも慣れるまでに少し時間がかかりました。やはり鎌の草刈りは地道なものでした。一方、草刈機は機械だからといって楽に作業が進むかと思いきや扱うのにもコツがあって、うまくできないと草が絡んで刃が止まったり、ちゃんと草が切れなかったりするようです。吉田さんの動きを見ると草刈機を使って素早く草を刈っていくので凄いなと思いました。

その後、黙々とそれぞれが作業を進めようやく大方の草を片付けられた頃には16時を過ぎて、照り付けていた日差しからはすっかり夕方の気配を感じました。

残す作業は作物の収穫と水やりだけでした。万願寺とうがらしとピーマン、加茂なすが収穫できました。水やりはじょうろで水をやるだけで簡単に思ったけれど、思った以上に効率の悪い作業でした。じょうろは2つあるけれど、土がかなり乾燥していてたっぷりと水をやってもいくらでも吸収されかなりの量の水をやるため、水を何度も汲んだりして少し大変な作業だと思いました。すべての作業を終えて畑を離れたのは17時を過ぎていたと思います。結局3時間近く作業をしていました。やはり農作業は時間も手間もかかり、簡単なことではないとよくわかりました。

 収穫した野菜はみっちゃんとずーまーと私の3人で分けて持ち帰りました。家に着いてさっそく収穫した野菜をシンプルに焼いて食べました。万願寺とうがらしは香りと肉厚な身でちゃんとおいしい野菜に育っていました。加茂なすは日光が均一に当たらなかったせいで色がまだらになっていて、スーパーで売っているようなきれいななすを作るのは難しいのだなと思いましたが、もちろん見た目は少し悪くても味はおいしくできていました。

 最後に、今回の活動報告で大変、大変と書きましたが、私が大変というにはまだまだ苦労を知らない素人だと改めて思います。それでも一番言いたいのは、大変なことをしていても時間を忘れるほどのめり込む楽しい時間だったということです。

2022年8月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

朝市への参加・畑への水やり・石窯の初利用

参加者:おえかつ先輩 チワワ 田村さん

報告者:チワワ

 本日の活動では、①朝市への参加②畑への水やり③初の石窯利用ということで、ピザを頂きました。

①朝市では受付を担当し、感染対策のための検温と手指消毒、記名を行いました。今回の朝市には計30名前後の方が訪れていました。地域で収穫された新鮮な野菜の中には自分の見たことのないものまでありました。とても魅力的な朝市です。手作りの惣菜なども陳列されていました。

 私たちが到着したのは9時ごろですが既に人が集まっていてそれぞれで談笑されていました。私にとっては初めての朝市への参加でしたが、とても温かみのある場所で、また参加したいなあと思いました。

②朝市がおわった10:30頃、私たち三人は精華の畑に向かいました。(噂によると前回植えたサツマイモが水不足の為ほぼ全滅しているということだったので、とてもドキドキしていました。)

 写真手前の苗は枝豆です。今回の確認によると、さつまいもの苗以外は順調に育ってくれています。満願寺唐辛子はいくつか実ができており、収穫可能なほどでした。(収穫するのは忘れてしまいました。)

 問題のサツマイモはというと、ほとんどが枯れてしまっており全体の二割程度が若干の希望を持てるか持てないか、という様な様子でした。梅雨の時期ですが今年の降水量は少なく、強い日差しですぐに土が乾いてしまっている様です。

 三人で手分けして多めの水やりをしましたが、雲行きは怪しいです。秋頃、美味しいさつまいもを子供たちと一緒に収穫できるよう願っています。とても日差しが強い中でしたが、やはり体を動かしながら土と触れ合える農作業はとても気持ちがよかったです。足の生えた大きめのお玉杓子も沢山見られました。

③石窯によるピザの試食

 今日は完成した石窯の初の利用ということでした。朝市が始まる時点から火起こしは行われており、私達が畑から帰ってきた頃に丁度ピザが焼き始められていました。

 手作りのピザ生地は、8月に行われる「宇津夏祭り納涼の集い」への試作でもあります。石窯での焼き方、ピザ生地の発酵やコネ方など、地域の方それぞれが教え合っていてコミュニティの素敵なところを実体験できました。何枚か焼いたピザは、地域の方々と一緒に食べさせていただきました。とってもとっても美味しくて、石窯の力に感動です。

 1時間ほど皆さんとピザを食べながら時間を過ごしました。東京育ちの私にとって、自然溢れる広々とした場所で、顔見知りの人達と集まって団欒しながら、石窯で焼いたピザを食べられる空間はほとんど夢のようで、ここに田舎暮らしの醍醐味があるのではないか、と思ってしまうほどでした。都会で暮らす高齢者はデイケアなどに行かない限りこのような他人との関わり方はありません。あくまで自由に、そして楽しく過ごせる憩いの場が、都会にももっと気軽にできたらいいな、と考えていた自分にとって宇津でのこのようなコミュニティの在り方は一つのヒントになりました。ぜひまた、伺いたいです!

2022年6月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

学まちコラボ事業 第二次選考会

報告者:人文学部4回生 あや

参加者:ゆうきゃん、おえかつ、デッコ、ハル、あや

2022年6月19日、学まちコラ事業第二次選考会で、今年度の活動方針に関するプレゼンテーションを行いました。

今年度は、18団体のプレゼンテーションが行われました。様々な事業団体がどのような企画をし、どのように地域の方と関わっていくのかをお聴きし、私たちがどのように「学まちコラボ」として活動していけば良いのか、とても参考になる会でした。

今回の反省点としては、新規事業の活動をもっと強く全面的に押し出すべきだったのではないかと考えました。

2022年6月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

卒業生ご一家と畑で

参加者:すずなちゃん、卒業生ご夫妻とその子どもちゃん、みっちゃん

報告者:みっちゃん

 6月の中旬、かなり暑くなってきましたが、宇津にある「精華の畑」でのプロジェクトは高速回転しています。6/17と6/18で畑にさつまいもの苗をたくさん植えるという活動をする予定でしたが、なんと前半グループの活躍でさつまいもの苗すべてを17日に植え終わりました。そこで、18日は余った畝にピーマンを少し植えて、後はたくさんの作物たちに水をあげるという内容に。

この日は精華大の卒業生ご夫妻とその子どもちゃん(1歳9ヶ月の男の子)が畑に来てくれました。子どもちゃんに楽しんでもらうというのが私の一番の任務です。

 みんなが集まり、作業開始です。子どもちゃんもたくさんお手伝いしてくれました。

 やはり作業の中で大変なのは、増えていく作物の水やりです。全員で手分けして水をあげていきました。(私は主にバケツ係…。)

 作業が終わった後は、動物探しです。子どもちゃんは何にも興味津々でした。

 いっぱい動いて、きっとこの日はよく眠れたことでしょう。楽しかったかな?また収穫の時には来てね!

 実はこの日、水上さんが畑に来られました。私たちがいると聞いて、様子を見に来てくださったのです。いつも本当にありがとうございます。

2022年6月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

さつま芋の苗植え(精華の畑作業)

参加者:おえかつ、あや、あおたん

報告者:あおたん

今日は、「精華の畑」(仮)にサツマイモの苗を植えに行きました。

初めに、水上さんと岡本さんからサツマイモの植え方を教わりました。移植ごてを使うやり方と、支柱を使って穴を開けて植えるやり方の2種類を教えていただき、3人それぞれ自分にはどのやり方が合ってるのかを模索しながら植え始めました。慣れてくると3人とも黙々と植えていました。

黙々と作業をした結果、午前中には頂いた苗の半分植え終わり、最終的に260本近いサツマイモの苗を植えました。

この日は天気に恵まれて、作業はやりやすかったものの日差しが強く作業している私たちはもちろん、畑もカラカラで水分量が足りていない状態だったので、苗植え終了後は畑にたっぷり水やりをしました。

前回植えた万願寺とうがらしが既に実をつけていました。

今回植えたサツマイモも秋には宇津の子どもたちと収穫をする予定なので、収穫できるまでが待ち遠しいです。

2022年6月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

枝豆の定植

参加者:おえかつ、ちわわちゃん、はるちゃん、ずんちゃん、みっちゃん、田村さん

報告者:ずんちゃん

本日の活動は枝豆の苗の定植です!

今回も宇津地域で農家をされている水上さん指導の元作業にあたりました。

最初は雑草対策のマルチ(黒いシート)張りから。

だいぶ暑いので水分補給や休憩を挟みながらやっていきます。

畝を覆うように被せて、端をマルチ押さえ(別名トンボともいうそうです)で止めていきます。

これがなかなか難しく、試行錯誤でやっていきますが、水上さんに見てもらうとやり直しでした…。

マルチをピンと張れていなくて、風ではたはたと動いてしまっていたのです。

思ったよりもしっかり引っ張っておかないと、今よりも地温が上がったらもっと緩んでしまうとのことでした。

休憩やお昼ご飯を挟みながらなんとか完成…!

水上さんにいろいろ教えていただきながらの作業で、とても勉強になりました。

ついに苗の定植です。

マルチに苗を植えるための穴を専用の道具であけていきます。

あけたところには、事前に種から育てておいた苗を植えていきます。

今回は枝豆のほかにも、水上さんにいただいた加茂なすと万願寺唐辛子の苗を植えました。

本日の作業はこれにておわりです!

今後は雑草が生えにくいように、畝を立てていない場所にカボチャを植えたらどうかというアドバイスも頂きました。

今回は初めての作業でなかなか上手くできませんでしたが、貴重な経験になりました。

枝豆たちのこれからの成長が楽しみです!

2022年6月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

朝市・畑の様子

2022年5月29日

参加者:田村さん、すずなさん、ずんちゃん、みっちゃん

報告者:みっちゃん

5 月の最終日曜日、4 人でいっぷく家の朝市に行ってきました。私にとっては初参加の朝市です。出品されていたものはカブラ、えんどう、水菜、黒豆、大根、ネギ、サンショウ、フキ、キヌサヤなどで、種類が多く色とりどりに並べられていました。

主な仕事は検温と手指消毒と参加者の名簿づくりです。この日は比較的ゆったりペースだと、すずなさんかずんちゃんが言っていました。

私は仕事という仕事はしていません。すんません…(笑)

最終的に自分たち以外に 33 人の人がいっぷく家に入りました。

雲一つない良い天気で、時々バイクの列が通っていきました。昼間は気温 30 度近くになった日で、日向に出るとジリジリ日焼けするくらいの強い日差しでした。めっちゃ焼けた。

 いっぷく家内外で数か所にグループができており、長くとどまっている人も多かったです。朝市は、「地元の人たちの集まりの場」のような存在なのかもしれないな、と思いました。

左の写真:入り口付近のグループ、右の写真:お昼を食べた川辺

朝市が終わった後、宇津地域で農業を営んでおられる水上さんから、枝豆の定植についてのアドバイスと、朝市で残ったカブをいただきました。その後栃本にある「精華の畑(仮称)」まで行き、川辺の木陰でお弁当を食べ、帰りました。暑かった。

「精華の畑(仮称)」、あぜの草は綺麗に刈ってくださっていました。高橋さん、ありがとうございました。枝豆の定植は6月4日の予定です。

2022年6月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり

ことす「めぐる市」

2022年5月27日

報告者:おえかつ

参加者:おえかつ、なし、いぶき、あや、みやじゅん、ずん

今回の「ことすめぐる市」では、初めてホットドッグを売りました。ソーセージは食品ロスを目指すKURADSHIのパリッとしたものを使い、パンは京北の元気なパン屋さん田中店のふわっとしたコッペパンを使いました。トースターで焼くと表面がパリパリ、中がふかふかになり、ソーセージのパリッとした食感が混ざりおいしかったです。

また、お隣のハヤシライスやチキンカレーもおいしく、お昼前には匂いが漂ってきました。

最後にはコンサートがあり響き渡る太鼓の音でイベントを締めていただきました。

今回はホットドッグを初めて売るのでどのようにするのか手探りな部分が多かったですが、次回はもっとよいものを作りたいと思います。

2022年6月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 2代目おしぼり