いっぷく家宇津朝市出店+簡単スマホ教室 活動報告

いっぷく家宇津朝市出店+簡単スマホ教室 活動報告

 

106日(日)

 いっぷく家宇津では、毎月第13日曜日に、朝市を行っています。地域の人たちが自分の畑でできた野菜や果物、花などを持ち寄ったり、自家製の漬物を持ち寄ったりする交流の場です。コーヒーやお茶などもふるまわれ、ベンチにゆったり座って談笑する人たちの姿が見られます。

 今回、京都精華大学京北宇津宝さがし会では、朝市に作品を出品しました。学生には慣れない値段付けでしたが、いくつかご購入いただきました。機会があれば、今後も継続的に、朝市に関わっていければと考えています。

image1

image2

 

また、学生が講師となって「簡単スマホ教室」を開催しました。FacebookやLINEなどの使い方に関する質問があり、マンツーマンで解説しました。私たちの知識が少しでもお役に立つのは嬉しいことでした。

image3

image4

 

小学校展示準備+親子にっこりお母さんミーティング活動報告

小学校展示準備+親子にっこりお母さんミーティング活動報告

 

報告者 廣瀬和弥(人文学部3年生)

篠原七彩(人文学部1年生)

10月19日(土)合宿一日目

10月19日、20日に二日間の合宿を行いました。

旧宇津小学校資料展示会が11月17日から開始されます。それに伴い、この日は実際に小学校へ足を運び、準備と話し合いを進めました。

資料を「小学校」「美術館」「写真館」の3つのテーマに分けて、テーマごとの教室に展示することになりました。一階の教室2つが「写真館」、「美術館」、二階の教室が「小学校」に決定。物置部屋に溜められているたくさんの資料を掘り出して各教室へ運びました。

image6

image4 ふれあい会館へ戻り、お化け屋敷(親子にっこりコラボイベント)の仕込みを始めました。ダンボールに新聞紙を張り付けてお墓を作ったり、会場に飾るヒガンバナの花を色紙から作りました。

image8

お化け屋敷のコースをどうするかなども話し合って、この日は終了。明日に備えて早く寝ました。

 

 

10月20日 合宿二日目

この日から参加する部員もおり、メンバーの入れ替えがありつつの作業でした。

・旧宇津小学校展示準備

朝から旧宇津小学校に移動し、それぞれの教室分担に分かれて、昨日各教室に運んだ展示品を飾ったり、教室内のレイアウトをしたりしました。

「写真館」には、入学式や卒業式で撮影した各年代の写真を展示しました。

image3

image7 image10

「小学校」には、当時の教室の様子を再現したディスプレイや、生徒の絵作品、戦前に使われていた教科書などを展示しました。

image1

実際に手にとって見ることができる資料もあったり、資料は戦前から数年前までの資料があったりと、とても見応えのあるものになっていると思います。

 

 

・親子にっこりコラボバザールミーティング

親子にっこり製作所2名と宝さがし会7名で、来月末(11月30日)に行われる「親子にっこり×京都精華大学 にっこりバザール2019」についてのミーティングを行いました。

image2

お化け屋敷の小道具作成を親子にっこりさんを介して子どもたちにお願いしました。 イベントではパンケーキ、フライドポテト、豚汁を出店する予定です。  また、出店する側として関わったにっこりキッズにはアルバイト料としてニッコリー(親子にっこり通貨)を発行してはどうか、という意見もありました。こどもたち主体となるイベントならではのシステムで、今までとは違った意識でキッズも関われるのではないでしょうか。

前回のこどもサミットで案がでていた鉛筆削り大会は、3人1チームでのエントリー制で実施し、参加者にはプレゼントを配布する方針で決定しました。

子ども達のやってみたいことが実現できるのが今から楽しみです。そのお手伝いができるよう頑張って準備を進めたいと思います。

  • 後日談

私たちの活動の2日後、こどもだけのサミットが開催されました。大学生と日があわなかったので別々の開催になりました。子どもたちはすごくたくさん参加してくれて、お化け屋敷に使う彼岸花やお墓などの装飾がたくさんできました。

image5

image9

京北宇津宝さがし会 朝市スマホ教室、子どもサミットコアミーティング 活動報告

京北宇津宝さがし会 朝市スマホ教室、子どもサミットコアミーティング 活動報告

2019年9月16日

報告者:川端真由(人文学部4年生)

 

・農協での朝市、スマホ講座

毎月第一・第三日曜日に開催される朝市。今回は前日が京北クリーン作戦とブッキングしたため月曜日に開催となりました。この朝市は地域の方が育てた野菜を良心的な価格で購入でき、またこの朝市に集まった人たちのコミュニティスペースとなっています。

今回は地域の方がSNSを使うため設定・操作の仕方などの相談を受けました。アカウント登録や設定を一緒に行いました。相談くださった方は安心して使えるようになったと喜ばれていました。

12

・親子にっこりコラボイベントのコアミーティング

にっこりキッズの小学6年生4名と親子にっこり製作所3名、京北宇津宝さがし会メンバー7名で8月の子どもフェスタの親子サミットで決定した11月に開催する親子にっこりコラボイベントのコアミーティングを行いました。

8月の子どもフェスタの親子サミットでお化け屋敷を出店することは決定していたが、開催場所が保留になっていたため、実際に開催予定地である旧宇津小学校やふれあい会館を散策しながら開催場所を決定し、コンセプトや実際にどんな出店を出すのかを話し合いました。

3

相談の末、保育園でお化け屋敷、ふれあい会館の一階と二階を使って出店を出すことが決定。10月に開催予定の第二回親子サミットまでに京北宇津宝さがし会メンバーがお化け屋敷のコンセプトの詳細を考案し、お化け屋敷のキャストの動きについては第二回親子サミットでにっこりキッズと相談予定。にっこりキッズはイベントの運営に関しても積極的で話合いはスムーズに進みました。

コラボイベントの実施が今から楽しみです。イベント実施は11月30日の予定です。

4

 

けいほく・ミュージック・フェスタ活動報告

けいほく・ミュージック・フェスタ活動報告

報告 廣瀬和弥(人文学部3年生)

2019年9月15日 日曜日

9月15日、旧宇津小学校で、「けいほく・ミュージック・フェスタ」が開催されました。去年から始まり、二度目の宇津イベントになります。京北に暮らす方々が集い、協力しあうことにより皆で祭を楽しみます。音楽のお祭りということで屋台のおいしい食べ物を食べながら、ステージ上の音楽パフォーマンスを楽しめます。

line_89536217639429

 

宝さがし会も去年同様、屋台を出しての参加です。まずは午前中、イベントが始まる前に宝さがし会は宇津の清掃活動に参加しました。朝8時、ふれあい会館の前に宇津自治会の方々と合流。皆で頑張っていきます!ぼくたちはふれあい会館の資料室の片付け、掃除をしました。物で溢れ返っていた資料室が綺麗になってよかったです。

屋台で出す食べ物の仕込みをして、短い時間で準備に取り掛かります。そして11時頃、イベントスタート。宝さがし会はフルーツポンチ(¥100)、パエリア(¥300)、スペイン風オムレツ(¥100)販売しました。この日は天気にもたいへん恵まれ、真夏のような青空で、気温も高く、フルーツに冷えたサイダーを注いだフルーツポンチは、暑い日にぴったりのデザートとして、大人気でした。

line_89552539479839line_89561615356086

イベント終了の午後16時まで、宝さがし会のメンバーはそれぞれの仕事をこなし、頑張りました。会場への交通整備も、不慣れながらやり切りました。16時が過ぎ、片付け、撤去をさっさと済ませて、無事に祭りを終えました。宇津地域の方々の地域愛や温かさが、このイベントを通して伝わりました。

line_89572521354780line_89589663302013line_89601086888571

ふれあい会館へ戻り、シャワーと食事を済ませ、夜になり、旧宇津小学校資料展示に向けて、小学校の下見を行いました。資料作品をどの教室に、どのような配置で展示するかをきめるためです。旧宇津小学校の眠っていた校旗などのお宝も発見。夜の学校探検は楽しかったです。

line_89624714501479line_89638964724286line_89652220160531line_89665253581984

京北宇津宝さがし会 2019年 子どもフェスタ報告書

京北宇津宝さがし会 2019年 子どもフェスタ報告書

2019年8月3日(土)4日(日)実施

川端真由(人文学部4年生)

篠原七彩(人文学部1年生)

吉田茉莉(人文学部1年生)

 

今回の子どもフェスタは2日間でさまざまなイベントを企画し、実施しました。1日目は子ども28名、保護者7名、学生20名(うち2名卒業生)が参加しました。

 

8月3日(土)・子どもフェスタ1日目

 

・鮎つかみ

午前9時半に集合した子どもたちと一緒に、宇津ふれあい会館から歩いてすぐの川で鮎つかみをしました。5人ずつのグループに分かれ、順番に川に作った小さな生け簀で鮎つかみをしました。最初は鮎を触った感触がぬめぬめで取りにくそうな子ども達でしたが、徐々に両手でしっかり掴めるようになり、鮎つかみを楽しんでいました。

京北宇津1

地域の人が120匹ほどの鮎を持ってきてくださり、捕まえた鮎は自治会の方々が炭火で塩焼きにしてくださりみんなでその鮎をお昼においしくいただきました。

京北宇津2

・川遊び

 鮎つかみを体験し終わった子ども達や待っている子ども達は生け簀の中に入っている魚を網で捕まえる子や、ライフジャケットを着用し、気持ち良さそうに川に流される子、いかだに乗って川下りをする子など、思い思いに川遊びを楽しんでいました。子どもたちは、学生と終始わいわい楽しんでいる様子で、川という大自然を堪能しました。

4月 5

・おがわさとし先生プレゼンツ「宇津にあるものでキャラクターを作成しよう」

 

 昼食の後は、京都精華大学マンガ学部ストリートマンガコースのおがわさとし先生をお招きし、宇津ふれあい会館の二階で子ども達とキャラクター作りをしました。アイスブレイクとして頭・胴体・足を3人で分割して1つのキャラクターを作りました。それぞれがどのようなパーツを書いたのかを分からないまま描き進めていったので、思いもよらないキャラクターが完成して面白かったです。

 ワークショップのお題は「宇津にあるものでキャラクター作ろう!」。プロ仕様の紙でデザインしました。動物や野菜などをモチーフにし個性溢れるキャラクターがたくさん生まれました。どれもとても力作でした。最後にはおがわさとし先生から作品の講評をいただきました。

6 7 8 9:00

・大学生×子どもサミット

夕方4時からは、毎年開催している親子にっこり製作所さんとの共同イベントについて、子どもを中心に意見を出し合いました。話し合いは大変でしたが、こどもたちの意見をたくさん聞けてよかったです。

最終的には「お祭り&お化け屋敷」になり、秋の実施にむけて準備をしていく予定です。

10 11

・スイカ割り

大学生×子どもサミットの後に地域の方に頂いたスイカを使ってスイカ割りを行いました。目隠しをして、まわりの友達が指揮を取り、小さい子でもスイカを割る事ができました。割ったスイカをみんなで食べたりして、とても夏らしく楽しそうでした。

 

 

12

13

・盆踊りの練習

 地域の方も一緒になり、お囃子の歌に合わせて盆踊りの練習をしました。自治会の方が太鼓で音頭を取ってくださり、また子どもたちは、小学校などで練習している踊りやお囃子も慣れた様子でこなしていました。この盆踊りは本年度の夏祭りで子ども達がステージに上がって披露する予定です。子ども達がお囃子を歌っている際には子ども達の保護者の方々と地域の方々に加え、学生も加わって盆踊りを踊りました。41 15

・花火

  夏を満喫するため、まずは子ども達に1人5本ずつ花火を選んでもらい、火に気を付けながら大学生と手持ち花火を楽しみました。色とりどりの花火の光を見つめながら夏の醍醐味を堪能しました。最後は、打ち上げ花火をみんなで見て解散になりました。一日の良い締めくくりとなりました。

16 17

84日(日)・子どもフェスタ2日目

 子ども21名、保護者3名、学生18名が参加しました。

 

・プール遊び

 朝10時に宇津ふれあい会館に子ども達と学生が集まり、着替えを済ませてからふれあい会館に隣接されているプールで遊びました。天気も良く、また気温も上がり、水分補給をこまめに取りながらビーチボールや鬼ごっこなどをして楽しみました。

18回 19日

・葉山勉先生プレゼンツ「工作してみよう」

 午後からは、京都精華大学デザイン学部建築学科の葉山勉先生が考案してくださったワークショップを行いました。材料や作り方など必要なものは全て葉山先生に事前に準備して頂きました。ワークショップ当日は葉山先生が予定おありだという事で、大学で学生にワークショップを伝授して頂きました。まず、子ども達にパワーポイントを使って葉山先生が作ってくださったサンプルをスライドで見せながら作り方を説明し、子ども達5人が1グループになったところに学生が1〜2人加わり、学生と一緒に自分の作りたい形を製作してもらいました。子どもフェスタ最終日で最後のイベントなので、子ども達の保護者の方々に子ども達の作品をライトアップしてお披露目しました。 200ml 21 22

これで今回の子どもフェスタは無事終了。子どもたちは体を動かして遊ぶだけではなく、友達や大学生と考え・話す事で、より可能性を探求しながら楽しんでいる様子でした。保護者の方や自治会の方からは感謝の言葉を頂きました。私たち学生自身、学生が毎年入れ替わりつつも地域の方々や子ども達と一緒に活動できる事が何より嬉しく、大学だけでは学べない事がたくさんあります。また、毎年活動に参加している学生だけでなく、新しい大学1年生も快く地域の方々に受け入れて頂き、参加者全員がとても充実した時間を過ごせました。

宇津峡公園 木の名札作成 活動報告

宇津峡公園 木の名札作成 活動報告

2019年4月12日(金)

報告者:谷脇奈那美(デザイン学部4年生)

今回は秋のワークショップで行った、宇津峡公園の木にかける為に子どもたちがそれぞれ作った名札に木の名前を書き込みに行きました。

京北宇津地域にも地域を彩る美しい桜がちょうど見頃になっており、宇津の春を楽しむことができました。

今回も前回と同様、京都精華大学人文学部の板倉豊先生(通称:トトロ先生)に木の講師として同行していただき、宇津峡公園の木の名前を新芽などから探り当て名前を教えていただき、木の名札に書き込んでいく作業を行いました。名札に名前を書き込む中、板倉豊先生からサクラやタンポポの種類などについて実際に草花を見て教えていただき、改めて宇津の豊かな自然に触れ合える良い機会となりました。

今現在、宇津峡公園にある様々な種類の木に子どもたちが自分たちでそれぞれ選んだ木に名札がついています。子どもたちの飾り付けしたデコレーションも一緒に是非一度お楽しみください!

 

あいうえ

4年生最後の合宿 + 木の名札づくりワークショップ 活動報告

京都精華大学京北宇津宝さがし会 活動報告

4年生最後の合宿 + 木の名札づくりワークショップ

2019年2月23日(土)、24日(日)

報告者:兼田凌(人文学部・4年生)

 

  • 2月23日(土)

この日は寒さも緩み、抜けるような青空。随時宇津に到着した学生から夕飯準備、資料整理、学まちコラボプレゼン資料作り、翌日のワークショップ準備の4班にわかれて作業をしました。

夕飯では地域のいっぷく家宇津朝市チームから仕入れた野菜を用いた鍋を楽しみ、食後は追いコンがはじまりました。みんなでたこ焼きを食べながら、深夜まで楽しい時間を過ごしました。

翌日のワークショップのために板にやすりをかけている様子1551196532976

 

  • 2月24日(日)

この日は9時45分から受付を開始。地域の子どもたちがつぎつぎと宇津ふれあい会館に集合し、元気に挨拶をしてくれました。

秋の子ども写真教室で宇津峡公園の木の解説をしてもらったので、せっかく覚えた名前を使って、宇津峡公園の木に名札を付けようという趣向です。名札にする木は、宇津の方が経営する北山杉卸の会社から、端材を無償でいただきました。それを立体造形コースのメンバーが使える大きさに切り、紐をかける穴をあけるなどの作業を、大学で済ませていました。

前日の夜に学生が丁寧にやすりをかけた木の名札に、子どもたちがビーズやマカロニなどで飾り付けをして、個性あふれる名札が完成しました。名札は、宇津峡公園にて子どもたちが各々選んだ木にかけました。宇津峡公園では、しばらく、子どもたちと大学生が本気の鬼ごっこで遊び、最高に楽しい時間を過ごしました。

木に名札をかけている様子

1551196603098

その後ふれあい会館に戻り、4回生のお別れ会としてビンゴ大会が行われました。ビンゴの景品は卒業する4回生が、今までお世話になった宇津の子どもたちへの恩返しとして2つずつ選んできたもので、その選び方にも4年生の個性が光っていました。ビンゴが完成した子どもたちから順番に、自分が欲しい景品をもらっていきます。どの景品も好評で、ビンゴ大会は最後まで熱気に包まれていました。

ビンゴが終わったあとには、子どもたちから卒業する4回生へのサプライズプレゼントとして、集合写真と寄せ書きをもらいました。子どもたちは名残惜しそうに、何度も「バイバイ」「バイバイ」と手を振って帰っていきました。

その後、4年生は宝さがし会のメンバーが書いた色紙ももらって、この日のイベントは終了しました。

4年生と子どもたち

1551196582217

児童公園遊具塗り直し 活動報告

京北宇津 児童公園遊具塗り直し 活動報告書

作成者,人文学部1回生 大澤奈央

2018年12月9日(日)

 

秋の写真教室の日に子どもたちと一緒に取り組んだ、粟生谷児童公園のペンキの塗り直しですが、その日中に完成しなかったため、改めて学生だけで訪問し、遊具の塗り直しを完成させました。

宇津地域初めての雪が降る、とても寒い作業日となりました。けれども、地元の方が火を起こしてくれたので寒さが和らぎ、とてもありがたかったです。

276902769127692

塗り終えた遊具はこちら!

276942769527696276972769827699

多くの色を使用して、遊ぶのが楽しくなるように仕上げました。お昼に地域の方から頂いたおでんの味は絶品でした。地元の方々の支えによって、皆で楽しく真剣に作業することができました。

たくさんの子どもたちが遊びに来てくれることを心待ちにしています。

27700 27701

2018年大学・地域連携サミット ポスターセッション 活動報告

2018年大学・地域連携サミット ポスターセッション 活動報告

2018年12月2日(日)

 

キャンパスプラザ京都で開催された「大学・地域連携サミット」のポスターセッションに参加しました。持参した北山杉の枝を加工したストラップやイヤリングも人気で、無料配布ということもあって関心をひいていました。

私たちの宇津での活動について多くの人たちにアピールすることもでき、また他の大学の取り組みを知るうえでも、貴重な機会となりました。

154461168799515446116955571544611698421