大学地域連携サミット参加 活動報告

大学地域連携サミット参加 活動報告

報告者:石神裕大(人文学部1年生)

2019年12月1日

 

前日に宇津ふれあい会館と旧宇津保育園でお店屋さんとお化け屋敷を行ったばかりで、当日の朝は小忙しく大学コンソーシアムへ向かうことになりました。

ポスターセッションで各大学の活動団体がそれぞれの活動内容を掲示して、パンフレットも持って来ていたり、ポスターを見ている人にチラシなどを配ったりして、質問に答えている様子に、刺激を受けました。

京北宇津宝さがし会もいくつかの質問を受けました。いくつかの質問の中には、私たちの活動の具体例はもちろんのこと、活動の発端、宇津と関わることになったきっかけなどもありました。 私は1回生と言うこともあり、京北宇津宝さがし会の活動初期を詳しく知らなかったので、この手の質問は一緒に参加していた先輩に任せる形になりました。

今回、このような他大学の活動団体との交流から、改めて京北宇津宝さがし会の紹介に関する資料の作成、配布用パンフレットの案などが見えてきました。

 

image2 image1

 

にっこりバザール・地域案内看板リニューアル会議・朝市

にっこりバザール・地域案内看板リニューアル会議・朝市

報告者 石神裕大・白倉基成・堀勇斗(人文学部1年生)

2019年11月29日
この日は翌日の30日のお化け屋敷とお店屋さんの本番の打ち合わせを行いました。大学生がそれぞれが割り当てられた担当とする場所を確認し、お化け屋敷の本番前のリハーサルと小道具・黒マルチなどの最終確認をしました。
前日入りしたメンバーは翌日参加メンバーの合計の半分程いたので、前日のうちに十分な打ち合わせと準備が出来ました。

2019年11月30日 日曜日
11月30日に、ふれあい会館と保育園で「にっこりバザール」が開催されました。今回が初めて参加させていただいた「にっこりバザール」でした。親子にっこり製作所と私たち京都精華大学宝さがし会の協同イベントでもありました。
以前からお化け屋敷の準備や食べ物の準備などを行っていました。今日は、その本番です。子どもたち自らお化け屋敷の役者やフードの受付として、積極的に働いてくれました。
フードでは、フライドポテト(¥100)パンケーキ(¥100)豚汁(¥100)ジュース(¥100)お茶(¥50)をふれあい会館一階で販売しました。子どもたちには、ポテトが人気でした。子どもたち以外にも親子にっこり製作所の方々にもいろいろと買っていただきました。

image1
ふれあい会館の二階では、射的や輪投げなどを親子にっこり製作所の方が中心に行っていました。保育園のお化け屋敷は、子どもたちがおどかしたり、お客さんと

して回ったりもして楽しんでもらいました。最後には、親子にっこり製作所の方々、子どもたちと私たち大学生で今回のイベントについての振り返りを行いました。それぞれに、コラボレーションが確実に進行しつつあることを確認できたミーティングとなりました。

image3 image2 image4 image5 image6 image7

旧宇津小学校の資料展示は、地域の人たちに大好評で、大変喜んでいただきました。来年も是非、もう一度展示してほしいとのリクエストまでいただきました。あくる日には撤収してしまうので、最終日の最終観覧を宝さがし会のメンバーで行いました。

image8 image9 image10 image11

その後ふれあい会館に戻り、シャワーと食事を済ませた後、宇津自治会、宇津の里を守る会、京都精華大学宇津宝さがし会三者合同会議を行いました。
会議では、以前の先輩方が制作した宇津地区の看板地図のリニューアルについて話し合いが進められました。過去の先輩が制作したパンフレットや看板の問題点や付け加えるべき点について話し合いをしました。会議の中で、改めて宇津の見どころや自治会と宇津の里を守る会の方々の宇津を思う気持ちを感じました。自分たちも宇津の見所を探して理解を深めていきたいという気持ちになりました。
image12
2019年12月1日
宇津の朝市で「簡単スマホ教室」と「ミャンマー珈琲のカフェ」を開催しました。その後、2週間展示した旧宇津小学校の資料展示会場の撤収作業を行いました。これが2019年最後の活動となります。次回は2020年1月19日、厄神祭の予定です。

image13 image14